JA助けあい活動・介護事業への協力
JAグループでは、介護保険に対応したプロとしての「介護事業」と住民参加型のボランティアによる「助け合い活動」が、車の両輪として互いに連携を取り合い、高齢者福祉活動を展開しています。

高齢者・地域の人々が安心して老後が暮らせる地域づくりをすすめていくうえで、さまざまな生活面での援助や心の充足につながる活動を推進することにより、「助けあい活動」は介護保険を補いまたはリードしていくと言えます。さらには、高齢者介護の問題だけでなく少子化対策としての子育て支援や障害者福祉など多様な助けあい活動によりコミュニティ福祉のレベルを高めていくことが求められています。
フジスマイルではJA全中くらしの活動推進部のご指導によりJA助けあい活動・介護事業のユニフォーム&資材を企画・制作・販売をさせて頂き、現在多くのJAで、助けあい活動・介護事業のユニフォームとしてご使用頂いております。

介護組織の事業化を推進又、希望されている皆様に少しでもお役に立てるよう、働きやすく、介護される方もさわやかな気分になっていただけるような、清潔感あふれるユニフォームを皆様に提供しています。

→HOME